サラリーマンの鶏肋随想

大して役に立たないが、捨てるには惜しいもの。サラリーマンに哲学は必要か。

2016-11-16から1日間の記事一覧

仕事は人生の目的を達成するための一つの手段に過ぎない ~映画「いまを生きる」~

サラリーマンとして仕事をしていると、どうしても直面することになる理不尽なことや憤りを覚えること。その度に悲しい気持ちになったり、やりきれない気持ちになったりしながら毎日を過ごすというのは、もはや全てのサラリーマンの宿命なのかもしれません。 …