読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマンの鶏肋随想

大して役に立たないが、捨てるには惜しいもの。サラリーマンに哲学は必要か。

「岩波ブックセンター」 信山社が破産

こんばんは。川崎 那尾道です。

 

昨日(11/28)、私にとっては実に衝撃的なニュースがありました。

 

神田神保町、人文系の岩波書店の書籍を多く取り揃えていた「岩波ブックセンター」を経営する信山社が破産

 

本好きの端くれとして神保町でよくブラブラするのですが、この「岩波ブックセンター」には必ず立ち寄っていました。決して大きくはない店舗だったんですが、なんと言えばよいのでしょう。あのほどよく客がいない感じ(笑)

三省堂は大きいですが店内は人でいっぱいですし、古書店は狭い棚と棚の間で人ひとりすれ違うのも大変です。とはいえ、店内に誰もいないとそれはそれで気まずい。「岩波ブックセンター」は実にほどよい閑散感なんですね(失礼!)

 

そんな感じで毎回ゆっくりと本を選んでいました。でもそれももうできなくなってしまうのですねぇ。とても残念です。。。

 

ところで「岩波ブックセンター」というくらいですから、何か岩波書店と資本関係があるのかと思っていたのですが、特に関係なかったのですね。

 

いずれにせよ、神保町へ行けば必ず立ち寄る一軒がなくなってしまったのは寂しいものです。

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

1年の長さの感じ方は「1/年齢」である? ~なぜ1年(時間)がだんだん短く感じるようになるのか~

f:id:candide1759:20161127190832j:plain

こんばんは。川崎 那尾道です。

 

今週からもう12月ですねぇ。ここまでくるとあっという間に2016年は終わってしまうことでしょう。「1年が経つのは本当に早い!」と来月で何回つぶやくことやら。

 

ところでこの「1年が経つのが早い(1年が短い)」という感覚、年齢を重ねるにつれてどんどん早くなっていっている(短くなっている)と感じたことはありませんか?

今年よりは昨年、昨年よりは一昨年、一昨年よりはさらにその前・・・と、比べてみると徐々に1年ごとに早く感じてきているような気がします。遡ってみれば小学生のころなんかは1年間が本当に長く感じたものでした。僕なんて当時は一生この生活が続いて、中学生や高校生になっていくという感覚が全く湧かなかったものですが、いつの間にか大学生も通り過ぎて社会人になってしまっています。

 

社会人になってからというもの、ますますこのあたりの感覚に拍車がかかっているような気がします。飲み会なんかでもこのような話になることが多かったのですが、誰が言ったか、

 

「時間の流れを感じるのは分子"1"に対して、分母が"年齢"なんだ。だから年を重ねるにつれて"早く感じるようになる"」

 

なんて話に「なるほどなー。」と妙に納得してしまった思い出があります。

 

つまり、小学校1年生あたりの6歳のときは「1年の感じ方=1/6(歳)」、高校1年生あたりの15歳のときは「1年の感じ方=1/15(歳)」、社会人1年生あたりの23歳のときは「1年の感じ方=1/23(歳)」、アラフォーに至っては「1年の感じ方=1/40(歳)」ですから、それは早く感じるわけですね(笑)

 

もちろんこれがすべて正しいなんて思ってはいませんが、ご年配の方の話を聞くと、「1年の長さの感じ方」はやはり若い人とくらべると短いようで、あながちこの説も間違っていないのかなと思ってしまいます。

 

みなさんにとって2016年はどんな年でしたか?忙しい12月の中でちょっとだけ振り返る時間を作ってみるというのも、より短く感じていく1年の中でもよい時間の過ごし方のような気がします。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

ローカル路線バス乗り継ぎの旅・第25弾(2017年正月)で太川さんと蛭子さん卒業…

こんばんは。川崎 那尾道です。

 

テレビ東京の土曜スペシャル枠、太川陽介さんと蛭子能収さんの「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は毎回楽しみに見ていたのですが、今日放送された特別編でとうとう次回2017年正月の第25弾でお二人が卒業することが発表され衝撃を受けました。ホントに残念。。。

 

僕は旅と言えば鉄道と路線バスを中心にウロウロするスタイルなので、この路線バスを乗り継ぐスタイル、昔からとても親近感を持って見ていました。まぁこんなに過酷にはなりませんが(笑)

 

さすがに20回を超えるとルートが重複することもあって、新たにひねり出すのは大変だろうなぁと思っていましたが、まさか卒業とは。。。

 

あとは今回の特別編のように違うコンビで続けてもらい、番組の企画として終了しないよう祈るだけです!ひとまずお正月楽しみが一つ増えました。

 

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ
にほんブログ村